一般的な「ものさし」に近づこうとして、上手くいかないときに

 

私はコースでも、パーソナルセッションでも

「リラックス脳」という考え方を大切にしています。

 

前回の投稿 リラックス脳の考え方

 

 

こんな方に知っていただきたいと、と思っています。

 

 

 

今までのあり方も、いいのだけど、

今の方法では、ちょっと違うかな?

 

そろそろ、他の方法かな?と思う方。

 

なかでも、こんな状況で。

 

はっきり自分が何者か分からず、

 

世の中のルールや

一般的なものさしに近づこうとか、

 

はたまた、

 

既に偉業をなした方を真似しようとしているうちに、

 

結局、現在のところ

 

近づけることなく、

真似できるものではなく、

 

疲れちゃっているとか、

自分には自信がないなとか、

苦しいな、きついな、

 

っていう思考が慢性化しているとき。

 

 

自分にとって、苦しかったり、

嫌いな脳の使い方が慢性化すると、心身のバランスを崩しやすくなりますし、

体調も崩すこともあるでしょう。

日々の生活におもしろみも、充実感も、なくなってしまいがちに。
 

このような苦しい思考の慢性化は

 

「人にあわせなきゃ」

「社会の常識にあわせなきゃ」

 

と思うことが多くなると、おきる率がアップします。

 

人にあわせようとする義務感は、

脳とのびやかに使おうとするときには、

ブレーキになる率が高くなります。

 

 

今日は、「リラックス脳×ハイパフォーマンス」という考え方は

こんな方へ!という投稿でした。

 

「人にあわせる」ということと

「のびやかに脳を使う」ということは

 

エネルギーが反発するので、また触れたいと思います。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リラックス脳3DAY 

コースの詳細はこち

 

 

**************************************

自然療法の国際総合学院IMSI 副学院長 

英国IFPA認定アロマセラピスト 

米国教育キネシオロジー協会認定ブレインジムインストラクター

嵯峨 慈子

 

*************************************

その他の開催講座

※国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース

ブレインジム公式コース、次回は6月(月曜日)は募集中です!

パーソナル セッション (個人的なことでお受けになりたい方)

原始反射統合コース(グループで体験、学びたい方)

 

 

 

 

0

    リラックス脳での考え方

    昨日から「リラックス脳3Dayコース2期」が始まりました。

     

    ブレインジムや上級コース、それから、原始反射のクラスと

     

    学び慣れている方から

     

    「よしこさんに会いたくなりました〜」

     

    と言って来てくださいました(笑)

     

    そういってくださるのも、共に時間を過ごせるのも、

    学びがまた深まりますので嬉しいですね

     

    嬉しい再会の中、そのほかは初めてお会いする方ばかり。

     

    こういう脳や心、身体の学びもまったく初めて!とお聞きしました。

     

    どんな学びも最初は手探り。私にも最初がありました。

     

    そういう皆様をナビゲートする機会に、感謝します。

     

     

    さて、このコースは、単にリラックス「癒される」という発想から

     

    「より積極的に活用していく」という内容です。

     

    「リラックス脳」について、考え方や大切にしていること

    このブログでも、紹介していきます。

     

    ************************************************

     

    リラックス脳×ハイパフォーマンス

     

    リラックス脳>と聞くと、南の島でバカンス。

     

    をみながらボーっと過ごす、のんびり、ゆったりをイメージする方も多いでしょう。

     

    休暇をリラックスして過ごすことも、人生では大切なことですが、

     

    皆様に知っていただきたい<リラックス脳>は、もうちょっと「アクティブ」なのです。

     

    毎日の暮らしの中で営む行動、

     

    例えば、学校や仕事、社会活動をするときに、

     

    落ちついて、心地よくパフォーマンスできる<脳>であり

     

    それを育てていくための考え方でもあります。

     

    まとめると、こんな感じです。

     

    <脳>を<わたし>に置き換えてみてくださいね。

    ※脳をどのように使って行くかが<わたし(自分)>であるから

     

     

     ‘々のチャレンジや緊張に対して、リラックスして行動する<脳>

     

    ◆ー分が望むパフォーマンスを生み出す<脳>

     

     自分を、信頼している<脳>

     

    ぁ‖臉擇平佑髻大切にしていける<脳>

     

    この4つを特に大切にしています。

     

    今日はここまで。また、続きます。

     

    ********************************************************

    初日のテーマは

    「緊張と焦りに働きかける」

     

    毎回、香りもブレンドするのですが、

     

    「東洋医学の陰陽五行の考え方」

     

     

    「緊張と植物エネルギー」

     

    をかけあわせて、香りを選んでいます。

     

    本能的な力強さが緊張に役立ちますので、

     

    人類が最も初期に使ったという記述の残る

     

    香りのひとつ

     

     

    (恩師の著書の中に素敵なジュニパーベリーの写真があります)

     

    ジュニパーベリーをメインに選んだブレンド。

     

    IMSIにありますので、

     

    オープンキャンパス、授業でお越しになる際など

     

    ご興味のある方は、嵯峨までお声がけくださいね。

     

    全身のエネルギーに働きかけるべく

    香りのスプレーをして差し上げますね。

     

    目を閉じて、深呼吸を3回して

    まっていてください。

     

    脳の中心部に、辺縁系にすうーっと届きます。

     

    *****************************************************

     

    リラックス脳3DAY (全3回、どの回からもスタートできます)

    コースの詳細はこち

     

     

    **************************************

    自然療法の国際総合学院IMSI 副学院長 

    英国IFPA認定アロマセラピスト 

    米国教育キネシオロジー協会認定ブレインジムインストラクター

    嵯峨 慈子

     

    *************************************

    その他の開催講座

    ※国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース

    ブレインジム公式コース、次回は6月(月曜日)は募集中です!

    パーソナル セッション (個人的なことでお受けになりたい方)

    原始反射統合コース(グループで体験、学びたい方)

     

     

     

    0

      なぜ、ブレインジムコースに参加したのでしょうか?

      先週末からブレインジムの公式コースが始まっています。

       

      4月の日曜日に毎週あつまって、学んだら、実生活に戻り、それから、また学ぶというスケジュール。

       

      今回参加されている方の目的、このような声をいただきました。

       

       

      ・お母さんたちに、バトミントンを教えている、そのほか、姿勢や運動などについて、学び、仕事をしているので、活動でも、仕事でも両方に役立てたい、

       

      ・子ども達にダンスやスポーツを教えているので、そのために使いたい

       

      ・アロマセラピストで、漢方相談も含んだセッションや指導をしている。最近、クライアントの方が、ガンの方など、重篤な病気の方が増えてきている。その方たちに深く関わるために、脳のことを学んで、より、丁寧にケアやサポートをしていきたい、もちろん自分のパフォーマンスアップにも

       

      ・子どもが3人いて、一人が発達障害と診断された。夫も鍼灸をしていて、私もアロマセラピスト。なので、東洋医学など、ホリスティックな感覚、その人全体をみるという感覚がある。誰かに頼む、というよりも、自分たちが学んで、家族に還元していきたい。夫と私、どちらが学ぶか検討し、私がくることに!

       

      ・もともと自然療法や東洋医学的な考え方が好きで、この学校にきているのだが、ブレインジムは実は自分のため!年齢も57歳になり、目が疲れやすく、以前より集中力が減っている感じがあるので、仕事でもプライべートでも、脳を活性化したいと思った

       

      ・アロマセラピーを学んでいて、これから資格取得の試験も控えている。ブレインジムを選んだのは、勉強がスムーズに進めたり、学びの方法を向上させたいから、

       

      ・アロマセラピーの勉強のためもあるが、コミュニケーションや仕事にも役立てたい

       

      ・この学校でセラピーやトリートメントを学んだことがきかっけで、ずっと、前から、このコースが気になっていた。今まで、日曜日の開講がなかったので、機会がやっときたので、思いきって!

       

      ・お花や植物に関係する仕事をしている。また、心理の学びを続けてきたので、植物療法と心をかけあわせたプログラムを提供していきたい。こちらの学校の卒業生に友人がいて、「それだったら、ブレインジムはいいと思う」と紹介されて、学校を見学し、話を聞きにきたのがきかっけ。

       

      ・以前から、心理療法、色彩のことを学んで、さまざまな活動、支援をしてきた。長く病院で仕事をしているけれど、昨年、脳の障害を患った。今まである機能が使えなくなるという実際の体験は、想像をはるかに超えた。リハビリや治療で回復したが、その過程での、人間がもともと持っている力の大きさに自分でも驚いている。今回は、自分自身のことにも、脳と身体のつながりのこと深く知ることにも、そして、これから、心と身体でお悩みを持つ方へのサポートをしていくことにも活用したい

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      皆さまの日頃の生活、役割や仕事、現場も異なります。

       

      ただ、毎回、思うのですが、

       

      集まる方というのは、

      価値を感じることが重なっていたりします。

       

      心や身体について、その両方を大切に思われていたり

       

      人や人間の力というものに、興味をもたれ、大切にされている、

       

      そういうところは、共通していると思うのですね

       

      もちろん、ナビゲータ役の私もそうです。

       

      明日は2回目。

      聴覚、手を使う、全身を使う、ことについて、学びを深めていきます。

       

       

      <お知らせ>

      ブレインジム公式コース、

      4月コース、和やかに始まりました。

      次回は6月(月曜日)は募集中です!

      「原始反射×セラピー」、「ブレインジム体験会」デモ(月に一度開催 無料、要予約)

      パーソナル セッション (個人的にみてもらいたい・受けたい方)

      原始反射統合コース(グループで体験、学びたい方)

       

      0

        スポーツのために行うブレインジム&原始反射統合〜小学校低学年向け〜

        スポーツのために行うブレインジム&原始反射統合〜小学校低学年向け〜
         
        小学校低学年から未就学児向けのブレインジムで武蔵野市へ。

        先生から先月の武術演技発表会で、その日一番の拍手をもらったと、
        教えてもらいました。

        子供達、どんな話が聞けるかな?とワクワクしながら向います。

         

         
        武術では両手足を、大きく、躍動的に使われ
         
        左右の入れ替えや、
        前後の向きをパッと変える
         
        難易度の高い身体の動きが、たくさんあります。
         
        ブレインジムを行うのは、
        心と身体の統合を促すことで、「子ども自身が、自ら学ぶ力」を身につけ
        実際の指導やスキル獲得の際に役立てていくことが目的になります。
         
        継続的におこなっており、今回はコーチと相談、
        4月なので、このようなことを意識していきましょうとなりました。
         
        ●新年度で生活が大きく変化しているだろから、心と身体が落ちつくように
        ●ウォーミングアップに取り入れているブレインジムの確認
        ●左右の動きを確認する
        ●以前大好評の真似っ子ゲーム を取りいれること
         
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
        ブレインジム、原始反射のシンプルな動きが、
         
        武術のどのような動きのもとになっているか?
        一人ひとりが動いている様子をみながら、
        今、どこがスムーズで、どの部分が大変そうなのか?
         
        支援の方法と共に心身統合というレベルでみていきます。
         
        皆が、のびのびと、楽しんで身体を動かせますように。
        そして、練習、ここに来ること、ますます楽しくなりますように。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        <お知らせ>

        ブレインジム公式コース、

        4月コース、和やかに始まりました。

        次回は6月(月曜日)は募集中です!

        「原始反射×セラピー」、「ブレインジム体験会」デモ(月に一度開催 無料、要予約)

        パーソナル セッション (個人的にみてもらいたい・受けたい方)

        原始反射統合コース(グループで体験、学びたい方)

         

         

         

         

        0

          「元気がいまひとつ、、」のときに活力、聡明さをプラスしていく「香り」

          私のパーソナルセッションでは「リラックス脳」を強化するという方法で、心身を統合、エネルギー変容させていくのですが、

          「香り」の力を活用することがあります。

           

          「リラックス脳」に「リラックス」とついているので

           

          なんだか、南の島で、バカンス、癒し〜!みたいに思う方もいるでしょう。

           

          でも、実際のところ、癒しも大事なんですが、

           

          セッションにいらしている方は

           

          「癒し×元気」とか、

          「癒し×エネルギー」とか、

          「癒し×成長」

           

          を求めていらしている方が多いのです。

           

           

          若い頃、20代の頃と同じ方法では、通用しなくなっきた、とか、

          今までの方法では、なかなかパフォーマンスが上がらなくなってきたから

          そろそろ、別の方法を、、、と考え、それで「脳」と思った、という声が多いのです。

           

          年齢にすると30代、40代。時々50代の方も。

           

          そこで、今日の話題「香り」

           

          「うーん、なんかだるい、、、」

          「がんばりたいけど、イマイチやる気がでない」

          「行動しようと、思うけど、腰が重くて、、、」

           

          という場合で、

           

          「集中力をもう少しアップしたい」

          「元気、気力をアップしたい」

          「ササッと動けるようになりたい」

          「アタマ頭を働かせたい!」

           

          という時は、「メンタル&フィジカルエネルギー」に強めに働きかける香りを選んでいます。

           

          例えばこちら

           

          Spanish Sage 「スパニッシュセージ」 

           

           

           

          スペインでよく自生されるハーブで、西洋医学が発展する以前、

           

          伝統的には

           

          It is regarded something of a「cure-all」と表現され、

           

          英国の「ラベンダー」や、

          オーストラリアの「ティートゥリー」

          のように「万能薬」として、

           

          さまざまな感染症、消化器系、神経衰弱などに使われてきた歴史があるとされています。

           

          アロマセラピーで使用する精油としての成分をみていくと

           

          カンファ―やシネオールといった、脳や神経系に作用すると報告される

          成分が多くをしめています。(※国内でも、ローズマリーによる同成分に関する研究をされた先生もおられますね)

           

           

          スパニッシュセージは、

           

          柔らかい香りの中にも、

           

          スゥーっと凛とした力強さが感じられる香り。

           

          <活力、聡明さ、バイタルエネルギーの向上>

           

          本来の力を引き出していくときに、選んでいます。

           

           

          英国のユニークな研究では「記憶力アップ」「成績アップ」として学生の結果がでているようですが、

          経験的には、年齢が高くても相性はいい感じがします。

          (精油はどれも注意事項があるのでどのような体調でも使えるわけではないですが、、)

           

          ご興味ある方はこちら→

           

          「Salvia lavandulaefolia (Spanish sage) enhances memory in healthy young volunteers.」

          https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12895685

           

           

          私も2週間に一度くらい、ティッシュに1滴、この香りをかいで、元気やパフォーマンスアップに役立てています(もっぱら、私は、身体よりアタマのために(笑))

           

           

          セッションやコースに参加されている方で

          こちらの香りを体験されたい方は、お声がけくださいね。

          この香りのエネルギーが必要かどうか、一緒に確認しましょう☆☆。

           

           

          *****************************************************

          国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース

          (香りを西洋的にも、東洋的にもみていく英国のコース)

           

          大切な人にために学ぶ「リラックス脳」3DAYコース

          パーソナルセッション

          原始反射統合ワークショップ

           

           

          0

            専門誌「セラピスト」さま取材【脳と神経の新たなルートを開発する  原始反射トリートメント】から

            過日、専門誌「セラピスト」さんの取材・撮影がありました。

             

            次号は「脳セラピー」と題して、五感からの働きかけが

            特集されるとのことで、

             

            視覚、

            聴覚、

            嗅覚、

            味覚、

            触覚、

             

            &第六感、6種類のアプローチが紹介されます。

             

            私は、その中で「触覚」というコーナーで

            トリートメント手技療法の取材をご依頼いただきました。

             

            昨日はその取材&撮影。

             

            私が日頃しているセッションについて事前インタビューいただき

            こんなタイトル(仮)がついていましたよ!

             

            【脳と神経の新たなルートを開発する

             原始反射トリートメント】

             

            英国でアロマセラピーを学ばれた主任講師の鈴木希先生と一緒に。

             

            美人&知的&愛情たっぷりの

            素敵な希先生がモデル役。

             

            撮影シーンは実際のセッションで行っている順番で

             

            ヾ靄椒ウンセリング

            ▲螢薀奪ス脳カウンセリング

             

             

            身体動作確認

             

             

            せ椽僉▲錙璽

            原始反射の確認と施術

             

            イ泙箸瓠▲札襯侫吋▲▲疋丱ぅ

             

             

             

             

             

             

             

             

            時間が長くなり、だんだん外が暗くなってきました。

            自然光を使って撮影の方がとるので、私たちのカメラではこんな風に。

             

             

             

             

             

            最後は、表紙候補のお写真もご依頼され、

             

            希さんのお美しいお姿が。

             

            3時間をこえた取材が終わりました。

             

             

            次号セラピストさんは、5月7日に発行予定だそうです。

             

            脳と身体のアプローチ。

             

            テクニックや手法のHOW TOに興味のある方が

            世には多いと思うのですが、

             

            今回の取材でも、

             

            私が英国留学し、セラピストとなるときに、最も初期に学び、

            今でも、大切にしていているからこそ、

            この仕事の価値をリアルに感じている2つのこと。

             

             

            「人を部分でなく、全体でみていく」

            「人の中に眠る本来の力が目覚めていく」

             

             

            こういう世界をガイドする価値や感動が

            一部でも伝わったらいいなと思っています。

             

            きっと、他にこのコーナーを担当される先生方も

            五感を大切にされている方だと思います!

             

            よかったら是非みてあげてくださいませ。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            IMSIでは、私の真剣かつ、リアルな生きた見本に出逢えます☆

             

            毎回、笑顔と笑いに溢れ、参加される人が、自分で自分に驚く

            「驚きの笑顔」が見られますよ。

            どうぞ、好奇心いっぱい!の方、是非、いらしてくださいね。

             

            それから、学びが好きだけど、なんとなく苦手で自信が持ていないという方も堂々といらしてください☆☆

            (実はこの分野のスペシャリストでもあります)

             

            3つから選べます♡

             

            原始反射とは?「原始反射×セラピー」デモ(月に一度開催 どなたでも、無料、要予約)

             

            パーソナル セッション (個人的にみてもらいたい、受けたい方)

             

            原始反射統合コース(グループで体験、学びたい方)

             

             

             

            0

              「自分の中に眠る本来の力が目覚めていくとき」

               

              1月から3月にかけて原始反射統合ワークショップを行っておりました。

               

              参加者された方からのその後の声が、届いております。

               

              「嵯峨先生が、おかしくて、笑いすぎた」という、いつもの声も多いのですが((#^^#))

               

              その中で、今回の一番!!を、ご紹介したいと思います

               

              じゃららららん💛

               

              輝く「第1位」は、、、、、、

               

              コース中の上がった拍手の大きさにより、ワタクシが選びまして(#^^#))こちら。

               

              「今まで、運動が苦手で、体動かすのも好きじゃな方ですが、身体が動かすのが気持ちよくて〜、気持ちよくて〜、かーるい、かるい!、先生、これ、すごーいいです〜っ!」

               

              という、声と共に届いた「キラキラ輝く抜群の笑顔」です💛。

               

               

              原始反射統合のセッションでは、刺激を入れる内容、回数、目的によって体験することが

              変わってきますが、

               

              自分の過去と現在、それから未来をイメージして、自分でも気づかなかった、

              自分の内側に眠る

              本来の力を目覚めさせていく方法を一緒に体験していきます。

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

              今まで、もう無理だって思っていたことに対して、違う視点に気づいたり、

               

              「もしかして、楽しいこと、気持ちよいかもしれない!」

              と気づくことは、「人生で体験するギフト」のひとつ☆

               

              大人になると、苦手なことは、無理してしなくても

              生きてい行けるし、いいんですけどね。

               

              本当に。

               

              でも、もし、このままでは、これからの自分は大変だろうな、

              年齢を重ねていって、生き方の転機にさしかかっているかな、

              と思う時には、

               

              自分本来、

              自分の新たな可能性に気づいていく、ということは、

              とても重要なことと、私は思います。

               

              人生の目標も、過去と今の自分だけで決めずに

              自分の可能性に気づきながら、決めた方が、より開かれていきますし。

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

              先週、専門誌「セラピスト」さんの事前取材がありました。

               

              次号は「脳セラピー」という特集で脳や五感をテーマに内容が組まれるそう。

               

              その中で「手技療法」コーナのご依頼がありましたよ。

               

              長く、セラピスト業界で編集を担当されている方との脳のお話、

               

              楽しいひととき。

               

              どのようなページに仕上がるかは、取材後、原稿があがるまでは、はっきりわかりませんし、授業やセッションで体験する事に比べるとリアルさは少ないかと思いますが、

               

              アロマセラピー、タッチセラピーをされる方で、

              癒しを超えて、

               

              心身に深くクライアントをガイドしていきたい方

              一人のクライアントを継続して、成長とサポートしていきたい方、

               

              には、是非、のぞいてみて頂きたいな、と思っています。

               

              そして、

               

              クライアントの人生そのものを支援していく

              私たちセラピストならではの役割、意味も含めて

              伝わったらいいな、と思っています。

               

               

              また、こちらで報告いたしますね。

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

              リラックス脳コース

              http://www.imsi.co.jp/course/capacity/day3.html

               

              個人セッション

              http://www.imsi.co.jp/course/capacity/personal.html

               

              原始反射統合コース

              http://www.imsi.co.jp/course/capacity/adult.html

               

               

               

               

              0

                「のびのびと力を発揮していく」

                先週、大切な人のために学ぶ「リラックス脳」コース、最終回を終えました。

                 

                 

                3回目のテーマは「力をのびのびと発揮していく」

                 

                リラックス脳でのフォーカスポイントは

                 

                「のびのび!!」です。

                 

                【力を発揮する】には

                いろいろな「力の発揮」方法があります。

                 

                 

                 嵶呂髻淵爛螢筌蝓鉾揮する」

                ◆嵶呂髻淵淵鵐肇淵)発揮する」

                「力を(いつもどおり)発揮する」

                ぁ嵶呂髻淵ぅ舛バチか)発揮する

                ァ嵶呂髻柄肝呂如鉾揮する」

                Α嵶呂髻覆里咾里咫鉾揮する」

                 

                他にもあるでしょうが、例えばこの、6つ。

                 

                これ、ぜ〜んぶ、力を発揮することには、変わりがないですし、

                 

                そして、結果という視点からすると、

                 

                どれでも、まずますの「結果」は出せるんじゃないかな?って、思います。

                 

                私は 櫚イ泙如学生時代までに感じていたけど、

                Δ髻改めて大事だな、と感じるようになったのは、

                大人になってからでした。

                 

                 

                「のびのび!!」

                 

                これは、潜在的な力を引き出すとか、

                 

                今までの力を積み重ねて、未来につなげていくときには、大きな力になるものです。

                 

                ですので、私の学びやセッションでは「のびのび」をフォーカスして、紹介しています。

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                「のびのび」って、自分の内側から生まれるものだし、大事なんですが、

                「のびのび」って、外側のからの影響をうけやすくって|д゚)、

                 

                その価値を忘れられてしまうことが多いもの。

                 

                「のびのび」がカチカチのときもあれば、ガラスのように「繊細」になりすぎちゃったり。

                 

                柔軟性や応用性が減ったりしてしまうことが多いのです。

                 

                 

                「のびのび」の力を発揮していくには、方法もたくさんありますし、また、一人ひとりにあった、パーソナルなアプローチがよいと思いますが、

                 

                ここでは、今までのセッションをしてきたなかで、これは、いいな、と思うもので、簡単なことを紹介します。

                 

                ◎背骨のしなやかさ保つこと(ヨガでも、脳体操でも)

                ◎つい、笑いがでるような、ことをすること

                ◎お〜っと拍手がでる、カンパニー(仲間)がそばにいること

                 

                 

                以上、すぐにやろうと思えば、できそうなものピックアップでした。

                 

                 

                楽しく「リラックス脳」を育てましたよ。

                次回は4月のクラス1から始まります。初回のテーマは、緊張、不安、というテーマ。

                 

                楽しみに、のびのびと、背中をグルングルン回して、お待ちしています。

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                リラックス脳コース

                http://www.imsi.co.jp/course/capacity/day3.html

                 

                個人セッション

                http://www.imsi.co.jp/course/capacity/personal.html

                 

                原始反射統合コース

                http://www.imsi.co.jp/course/capacity/adult.html

                 

                 

                 

                0

                  ディエンチャン顔反射療法・内容解剖その

                  顔にある反射区を刺激することで、身体や内臓の働きを整え、

                   

                  健康や美容、若さを保つベトナム発の顔セラピー「ディエンチャン」。

                   

                  さて、前回のブログの続きで「ディエンチャン」とは、どういうセラピーなの?

                   

                  という話をしたいと思います。

                   

                  どういうものか、お話するには、

                   

                  どんなことを学ぶのか、を伝えるのがBEST。

                   

                  なぜなら、ディエンチャンは健康や美容面で、体質や体調の変化が事例として多いため、効果から話すと、例えば、

                   

                  「花粉症にきく!」

                  「禁煙に成功!」

                  「長年の頭痛もちがよくなった!」

                   

                  のような、事例が多くなって、全体の効果が分りにくくなったり、

                  自然的アプローチの本質が伝えられなくなってしまう可能性が!

                   

                  ですので、情報を部分的にではなく、総合的に提供し、全体像を理解するため、

                  どのようなことを学ぶのか、カリキュラムをお伝えした方がよいと私は考えています。

                   

                  ちなみに、今日の投稿は、

                   

                  ●ディエンチャンを受けたい方(卒業生から♡ いつか、私から(*^_^*))

                  ●どんな内容か積極的に知りたい方、

                  ●学びたいけど、体験会に遠くていけない

                   

                  という方のための投稿ですので、長い案内になると思います(笑)

                  ご興味のある方のみどうぞ♡。 

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  さて、早速、最初の2日間(2017年現在、モジュール1)の内容を。

                   

                   

                  大きく分けて7つのことを学びます。

                   

                  1)ディエンチャンができた背景と現在

                   

                  ディエンチャンは、ベトナム戦争を若い時期に経験した鍼灸師が考案したメソッドで、特別な道具を使うことで、鍼をささずして、皮膚の表面からツボを刺激するもの。鍼では、1日にケアできる人の数が限定され、これでは、数が足りないと感じ、家族や隣人同士でも健康で幸せに暮らせる方法を考えていたことが始まりです。

                   

                  創始者は「ブイ・クオック・チャウ博士」。2017年に75歳。

                  メソッドは1980年考案、現在でも、環境の変化や人のライススタイルに合った方法を研究している発明家でもあります。

                   

                   

                  • 参考<ベトナム戦争>

                  1960年代にアメリカとソ連の利権争いの代償となった代理戦争ともいわれ、激しい戦火に、1975年に終結。その後も情勢は安定せず、内戦の終わりは1990年ごろ。創始者の20歳代に戦争。法律を学び、鍼灸、そしてディエンチャンが考案されてから10年後まで不安定な情勢が続いていた。

                   

                  2)陰陽の特性をもつディエンチャン道具

                   

                  ディエンチャンで最初に学ぶことの一つが、東洋医学による陰陽の考え方。

                   

                  マクロビオティックや鍼灸、漢方を利用する人には、おなじみ。

                  この考えがディエンチャンでも使われています。

                   

                  実は、ディエンチャンの道具は、美顔器に見えるけど、その枠をはるかに超える。

                  陰陽のバランスについて、どちらが必要か、簡単にチェックできるだけでなく、

                  陰の刺激、陽の刺激、これらを組みあわせることができます。

                   

                   

                  ディプロマ基礎コースで使用する道具

                   

                  3)顔の中に描かれた反射区チャート

                   

                  こちらの写真、、、。

                   

                   

                   

                  これらの見方や、使用するときの考え方を説明します。

                  モジュール1では約12種類。

                   

                  ひえ〜多い!!と思う人もいるかと思うが、どれも大切!

                   

                   

                   

                  内臓も生殖器系も、身体も、ホムンクルスの図も、あるからこそ、

                  さまざまな体調の方がいても、より全体的に、自然的にアプローチができます。

                   

                   

                  4)どのくらいの時間、やっていいのか?

                   

                  通常は5分から15分程度。

                  しかし、体調と目的と使う道具、

                  いくつかの条件によって実際の時間も異なります。

                   

                   

                  5)生きたツボの見つけ方、対応の仕方

                   

                  これはベトナム医道ディエンチャン用語でもあります(*^_^*)。

                   

                  皮膚を刺激しながら、特別な感覚があるところを探っていくのが、生きたツボ探し。

                  探すときの、圧のかけ方、動かし方がポイントに!

                   

                  この方法は、子どもが自分の親に使うときなどに便利な手法。

                   

                   

                   

                  写真は生きたツボを探している様子

                   

                   

                  6)ディエンチャンの施術の原則

                   

                  ディエンチャンはシンプル・簡単・効果的と言われますが、「シンプル」というのはメニューそのものが、単純というわけでもありません。

                   

                  結構、多い(笑)

                   

                  だから、実践していくときに、この原則の理解は

                  ディエンチャンを効果的につかうときに重要に!

                   

                  この原則は、身体を部分でなく、全体でみるということが反映されています。

                   

                   

                   

                  7)実習、周りの人の話を聞く

                   

                  これは最も楽しく、盛り上がる時間。

                  セルフケア実習や2人組みで実習を。

                   

                  そして、大事なこと。

                   

                  ディエンチャンを受けて、自分以外の人が、どのような皮膚感覚、運動感覚、身体感覚があるのかを、見る、聴く時間。

                   

                  笑顔とワクワクが広がって、楽しい「気」が溢れ、

                   

                  こうすることで、学びを深めていきます。

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  これらが、最初の2日間で学ぶ代表7つ。

                   

                  この後、モジュール2、3は学院長の冨野玲子先生が投稿していきます!

                   

                  学生時代にベトナム留学を経験している玲子さん。

                   

                  英国でIFPAアロマセラピーのディプロマコースを学んだ時の同期で同じ年、

                  勉強秀才で、大変尊敬している長年の同僚でもあり、友でもあります♡。

                   

                  きっと、楽しい投稿になると思います。

                   

                   

                  どうぞお楽しみに!

                   

                  ディエンチャン体験会

                  http://www.imsi.co.jp/session/session_03.html

                   

                  ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法ディプロマコース

                  http://www.imsi.co.jp/course/dienchan/

                   

                  自然療法の国際総合学院IMSI 問い合わせ先

                  http://www.imsi.co.jp/

                   

                   

                  0

                    ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法について

                    顔にある反射区を「とんとん」「ぎゅ〜」と刺激することで、

                     

                    身体の動きが軽くなったり、内臓の働きがよくなったり、

                     

                    体調が変化していくベトナム発の顔セラピー「ディエンチャン」。

                     

                     

                     

                     

                    その特徴は、世界各国にある様々な療法とは一線を画す、独特な手法であること。

                     

                    ベトナム戦争を若い時期に経験した鍼灸師が35年前に作った手法は、特別な道具を使うことで、鍼をささずして、皮膚の表面からツボを刺激。こうすることで、鍼灸師以外の人でも施術ができるようになっています。

                     

                     

                     

                    また、このツボというのが、東洋医学と経穴にイメージは似ていますが、

                     

                    実際は、ベトナム医道ならではのツボで、そのツボに番号がついています。

                     

                     

                    加えて、このユニークな反射区チャート

                     

                     

                     

                    顔の中に内臓の絵や、男性と女性の身体の絵が描かれています。

                     

                    このような図が20以上あるのが特徴で、

                     

                    これらをセッションの中で複数使いながら、顔を刺激していきます。

                     

                    ※このようなアプローチは反射療法(リフレクソロジー)といわれています。

                     

                    さて、このディエンチャンですが、

                     

                    その目的には、健康や美容だけでなく、メンタル面やライフスタイルも重視され

                     

                    「知的であること」「幸せであること」「助け合うこと」

                     

                    が含まれています。

                     

                    また、ベトナムをはじめヨーロッパでも「家庭医学としての価値」が伝えられ、

                     

                    例えば、大人が子どもにするだけでなく、

                     

                    子どもが覚えて、自分のお母さんや、お父さん、

                    おばあちゃんに、おじいちゃんにも安心して行える、

                     

                    という、ベトナムならでは、セルフケア方法もあります。

                     

                    先進国と言われ、核家族化が進む日本では、やや薄れてしまっているような考え方に、

                    はっと思わせられることも多々あり((#^^#)

                     

                     


                     

                     

                    ↑ 

                    ↑息子が小学1年の時

                     

                    おばあちゃんの人生初めての手術前に。

                     

                     

                     

                    さて、この「ベトナム医道ディエンチャンコースも」も国内では8期目。

                     

                    卒業生には、様々な内臓疾患、遺伝疾患、ガン、難病などと暮らす家族にディエンチャンをつづけてきた方々や、

                     

                    施術のプロとして、健康や美容・子育て・高齢者福祉の分野で活動されている方もたくさんいらっしゃいます。

                     

                    デイエンチャンも少しずつ、知る方が増えてきましたが、

                     

                    「実際にはどんなことを学ぶの?」

                     

                    とよく聞かれますので、少しイメージしやすい内容を

                    このブログでもかいていきたいと思います。

                     

                    まず、クラス1,2については、私から。

                    3-6については学院長の玲子先生のブログに続きます!

                     

                    どうぞよろしくお願いいたします。

                     

                    続く

                     

                    ディエンチャン体験会

                    http://www.imsi.co.jp/session/session_03.html

                     

                    ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法ディプロマコース

                    http://www.imsi.co.jp/course/dienchan/

                     

                    自然療法の国際総合学院IMSI 問い合わせ先

                    http://www.imsi.co.jp/

                     

                    0

                      PROFILE

                      THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

                      BACK NUMBER

                      ARCHIVES

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      SEARCH THIS SITE

                      MOBILE

                      qrcode

                      OTHERS