サントリーニ Avaton Spa のメニュー

スパのメニューを読んでみると、面白そうなプログラムが!

天然の植物や海草使ったナチュラル系トリートメントが中心で、
オーガニックのオリーブやイチジクやカカオ(チョコレート)
を使ったトリートメントなど、ちょっと食欲がそそられそうな内容も!



↑スパのレセプション プラネタリウムみたい!
以下、一部、メニューを紹介します。

● Escape of Reality-Hydration body treatment
有機イチジクとアロエ、オリーブ&アーモンドオイルを使った
ボディスクラブ&ラップ。キュンカーバー(きゅうり)フェイシャルマスク。
全身マッサージつき。

● Lipolysis Programme Treatment 
赤&黒こしょう、海草、アロマを用いたデトックストリートメント。
ボディラップ&全身マッサージ、リンパドレナージュがつく。

● Euphoria Body Treatment
温めたブラックチョコレートを使って全身マッサージ。
ボディラップ後はカカオバターでボディを保湿&艶を出す。

● Queen Bee Body Treatment Rejuvenating,
Rich with Royal Jelly and Honey
自社農場をもつギリシャ産ブランドのAPIVITAを使用したプログラム。
はちみつに有機ハーブを混ぜ合わせボディスクラブ&ラップ。
全身マッサージ、フェイシャルトリートメントつき。

その他、サントリーニの火山岩を使用したストーンセラピー、
ヘッドスパ、フェイシャルプログラムの他、
ワックスやネイルまで、数多くのメニューがあります。

↓スパショップにあるプロダクト。
ワインを使った抗酸化をテーマにしたユニークなアイテムも!
葡萄の絵が書いてあるのです。なんだか美味しそう!




5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


IMSI The International Medical Spa Institute




0

    サントリーニ島 スパホテル 

    事前に島を調べてみると、意外にもスパが少ないことが判明。
    多くのホテルには、プールとサンデッキ、
    テラスがあって、朝食がとれるようなカフェはあるのですが、
    スパ施設は、少ないのです。

    きっと、素晴らしい景色や壮大な自然、美しい夕日とシャンパン!?
    (殆どのホテルのイメージ写真にありますので)
    それだでけで、十分なのでしょう。



    他に、この島を調べたり、歩いていて気付いたことは、
    欧米の資本が入る大型ホテルがほとんど入っていないのです。
    評判の良いホテルでも、部屋数が10つくらいの規模が中心。
    総数、6部屋というところもかなりあります。

    家族経営でアットホームに行っているホテルが多いので、
    手が回りきらないと言う理由もありそうです。



    欧米の資本が入っていない、、、
    視点をかえると、貴重な存在かもしれません。

    海外でも著名な高級スパは、確かに素晴らしいけれど、
    同じブランドだと、世界中どこに言っても、
    「あれっ。このスパ、どこかでみたことあるなぁ」とか、
    「へっ?ここはイタリアなのにイギリスの商材使うの〜」
    など、ということもありますよね。

    技術やサービス、品費が保たれるので良いかもしれませんが、
    自然療法を楽しむ方や、その土地ならではのものを味わいたい方には、
    ちょっと物足りないかもしれません。



    私の場合は、その土地の雰囲気を味わいたいタイプ。

    今回の旅では、ギリシャの自然ものをたくさん使っていて、
    サントリーニ島を感じられそうな、スパを探しました。

    そして、見つけたのが、イメロビグリという街にある
    「AVATON Resort & Spa」というスパホテル。
    http://www.avatonresort.com/



    チェックインを済ませてお部屋に案内されると





    ベッドの上に花束と、サントリーニ産の赤ワイン、フルーツバスケットの
    プレゼントが、さりげなく置かれています。

    お部屋は夏の暑さも考慮され、涼しげなイメージ。
    玄関の前がすぐ、プールになっています。
    (2Fのお部屋やプライベートバルコニー付き、料金は少し高い)





    さっそく、ウェルカムワインなるもの頂きながら、まったりと
    明日のスパ体験、どのメニューにしようかなと、パンフレットを解読中。


    東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


    IMSI The International Medical Spa Institute

    0

      サントリーニ島 ワイルドフラワー

       
      サントリーニ島を歩いていると、
      たくさんのワイルドフラワーに出会うことができます。

      この時期、最も多くみられたのが、カモミール。
      あっちにも、こっちにもカモミール!
      雑草のように、カモミールが溢れています。



      ギリシャ人がゆっくり、リラックスしているのも、
      このお花のおかげかな〜?と思ってしまいます。

      ちなみに、自然療法に馴染みのない方へ。

      カモミールは、アロマセラピーなどの植物療法を学ぶ際に、
      どのような基本的な教科書にもでくる、重要な植物です。

      鎮静効果や抗炎症効果などが有名でハーブティや
      アロマセラピーのトリートメントなどにも使用される他、
      欧米では、ベビーや子供のケアにも頻繁に使われています。



      街のあちらこちらに咲き乱れていて、
      甘い香りが、ふんわり風にゆられて香ってきます。

      イチジクの木も見つけました。実が付いています。
      熟したら黒くなりますが、まだ緑なので食べられないですね。
      もし、熟してていらら、もぎ取って食べてしまうかも(笑)



      こんな紫色のお花も、なんとなく咲いているのです。







      綺麗な空気の中、海を見ながら、
      ワイルドフラワーを堪能できるなんて、本当に幸せ!
      時間を忘れて散歩をしていると、あっという間に日がおちてきました。


      0

        サントリーニ島 フィラのホテル

        フィラでは「ドリーム アイランドホテル」というホテルに滞在しました。



        サントリーニ空港には朝6時15分という時間についたのですが、
        事前にお願いしておいたところ、
        オーナーさんが快く空港まで迎えに来てくれました。

        ↓ レセプション と バーエリア






        ホテルにはフィラの町から2ブロックのところにあり、
        可愛いらしい青い屋根の教会と、
        輝かしい、朝日を見ることができます。

        ↓ 太陽のもと、布団を干しています。



        ↓ 大きなプールを囲むように、ホテルのお部屋が並んでいます。





        ↓ お部屋、リビングルームとベットルーム、バスルーム 









        ↓ 朝食は、昔のワイン蔵を改装した場所で。洞穴みたい!



        ↓ 自称、キッチンの王様という、お兄ちゃんがオムレツを焼いてくれます。
        出身がクレタ島、島のお話やギリシャの人々の話を教えてくれました。
        とても、家族との時間を大切にしていることが伝わってきました。



        ↓ オーナーさん夫妻






        滞在中、ツアーのこと、レストランのことなどいろいろ教えてくれました。
        チェックアウトの際、町で買い物をしていたらて遅れてしまい、
        ダッシュで戻ったら、「どうしたの?飛行機に乗り遅れるの?」
        と驚いて飛び出てきてくれました。

        私が「ごめんなさい。時間に遅れたの」と言うと、
        「なーんだ。ノープロブレム」
        と声をかけくてくれ、なんと、次の日の滞在のホテル
        まで車で送ってくれたのでした。

        心優しい!感謝、感謝です!!



        5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


        東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


        IMSI The International Medical Spa Institute



        0

          サントリーニ島 イアの町 夕日編

          ボルーケーノ&温泉 ツアーの最後は、
          船でイアに到着して、サンセットを待つ時間も含まれています。

          イアの町に到着したのは夕方5時近く。



          町歩きを楽しんだり、アートギャラリー、ショッピングを楽しんでいたら、
          だんだんと、人が増えてくるではないですか。

          そして、皆の行く先は一緒。岬の方に向かっています。

          私達も遅れてはならぬと、移動することに。
          イアの夕日は「本当にロマンティック」と言われますので!

          ↓ 7時ごろ、まだまだ、明るい。輝く太陽、きれい!



          ↓ 夕日をみようと、カメラを手に、観光客があつまります。



          ↓ お城の上にも、たくさんの人が。



          ↓ 少しずつ暗くなります。



          雲から見え隠れする、太陽の光も魅力的!



          カップルさん達は、美しい夕日を、ロマンティックに眺めていましたよ!
          私達は、ちょうどいい場所にあったカフェでミニディナーを。

          しかし、写真好きな妹は、どこかに移動して、撮影タイム。
          私はテーブル席から、一人でゆっくり、堪能しました!

          8時頃、太陽が水平線に姿を消し、
          私達はツアーバスでフィラに戻りました。

          旅メモ
          火山ウォーク、温泉体験、小さな島も訪れながら
          イアの町でも夕日を見ながらゆったり過ごして、たったの30ユーロ!
          しかも、ツアーなので、太陽が沈む時間まで待ってくれますし、
          帰りのバスの時間を気にしないで良いので安心。

          とっても充実した1day ツアーでした。おススメです!
          町の中心にあるツアー会社で簡単に予約ができます。


          5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


          東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


          IMSI The International Medical Spa Institute



          0

            ホットスプリング 温泉でスイミング?!

            火山ウォークの後は、船でパリア カメニ島まで移動します。

            火山の島近くで温泉が出ているとのこと。

            事前にガイドブックを読んだり、ツアー会社の方の話によると、
            船の上から、飛び込んで、泳いで温泉までいくらしい。。。

            昨日までは、妹と、
            「この時期は冷たいよね。。。水着は一応持っていくけれど、
            みんなが入っても、船の上でまってようか?紫外線もすごいしねぇ」
            などと話していました。

            何せ、私達は、水泳部出身。
            5月の水がどのくらい冷たいか、身にしみて知っているわけでして、、、

            しかし、火山ウォークで、異常に、ほてってしまった身体や

            皆が、どんどん水着姿になっているのを見ていると、

            気分が変わっていくのです。。。不思議と。

            そして、やっぱり水泳出身の血が、、姉妹の中に騒ぎ出し、

            私達も入ることに!

            早々と水着に着替え、やる気満々の私 ↓



            さて、船がとまると、最初にイギリス人の女の子が飛び込み始めました。

            キャーキャー騒いでいます。

            やはり、すごく、、、、冷たいようです。



            私達も、続いて 「えいっ!」

            「つっ冷たい。冷たすぎる!!!」

            温泉が出ているところまでは、泳いで100m以上はあります。
            そこまでは、泳いでいかなければならず、
            そして、戻ってくる時も同じ。。。

            冷たい中、気合を入れて泳いでいると、
            途中から、ぬるっと 温かい海に変わります。
            ほんのり硫黄の香り。ちょっと草津温泉を思い出す感じ。

            シーズンには、温泉の出ている場所で立ったり、
            「治療効果のある」と言われる泥を触ったり出来るようです。

            私達の行った時期は、温泉場でも、立ち泳ぎで体験することに。

            それでも、心地よい、温かさと、海から見る景色。
            どれも、新鮮で素晴らしい体験。

            ちなみに、結構良い運動です。泳ぎが苦手な男の子は、
            途中の岩につかまって、ボートで迎えを待っていました。

            泳ぎ終えた後は、 ティラシア島へ船で移動して、ランチです。



            がっつりと、バーベキューを食べることにしました。



            港に浮かぶタベルナに入り、一番、はしっこの席に座ってみました。
            私の後ろ側、「背中の30cm後ろは、海!」 

            食事の後は、島を少し散策する時間があり、
            ロバに乗っている人もいました。

            この島を最後に、また船にのって、イアに向かいます。




            5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely

            東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


            IMSI The International Medical Spa Institute




            0

              火山のエネルギーと野生植物のパワー

              火山のウォークの始まりです。


              真っ黒い岩のかたまりを、すく近くに見ながら、どんどん上り歩きます。
              あまりに、太陽の光が眩しくて、あつい。。。。

              日差しを遮るものは何もない中で、歩くのは、なかなか大変です。



              石に触れてみました。

              あっ熱い!

              ボルカニック・ストーン・・・ 

              玄武岩を使ったホットストーンセラピーを長くしていますが、
              本場のエネルギーは、すごい迫力です。

              身体中のエネルギーが、「陽」化する感じ!
              代謝が低く、冷えのあるタイプの人が、この石に触れたら、
              ものすごい速さで、エネルギーを吸収しそうです。

              触れているだけで、地球のエネルギーが肉体にダイレクトに届いて
              内側から元気がみなぎってきました。

              もう少し、歩き続けます。
              足元をみていないと、転びそう。。。



              ↓ 火口も覗けるようになっています。
              フェンスも何もないので、おっかなビックリ!(実は、怖がりです)



              ↓ あれっ? こんな土地に野生植物が!
              黄色いお花を咲かせています。



              匂いを感じてみます。
              うん?!・・・これは何?・・・
              シャープで辛みも混じる、力強い香り。

              ガイドさんに聞いて2,3本摘み取りました。



              火山の頂上付近に座り、

              先程のワイルドフラワーの香りを嗅ぎながら遠くを眺めます。
              石とお花のパワーで、さらに「強壮」されている感覚。

              アロマセラピーなどの仕事をしていると、
              忙しい社会で需要が高い、ということも関係して、
              とかく、癒しや鎮静、リラックスなどが意識されるけれど、

              ここにいると、

              その反対の「パワー・活力・元気」みたいなものも、
              もっと、生物として必要なんじゃないかと、感じてしまう。

              ふと、最近、新聞によくでてくるニュースを思い出してみたり、
              自分の仕事を思い浮かべては、

              社会の活力を引き出したり、
              周りの人を元気にさせる体験

              こんなことが重要なのかな? 

              自分がしている自然療法という仕事も、使い方しだいで、
              もっと、もっと皆が元気になる、

              そんな、プログラムができるのでは?と考えさせられました。

              摘み取ったお花は、その夜、お風呂に入れてみました。

              ワイルドフラワーの力強さが、自分に移ったようで、元気がでましたよ。

              旅メモ 
              運動靴、帽子、水をお忘れなく。
              火山の入り口では2ユーロが必要です。

              5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


              東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


              IMSI The International Medical Spa Institute

              0

                サントリーニ発 活火山のネア カメニ島へ 

                サントリーニ島2日目は、ボルケーノ&ホットスプリングツアーに挑戦。

                サントリーニ島で最も人気のツアーでもあります。

                通常、このツアーは3時間ですが、
                私達は、その後、船で別の島に移動して滞在、
                再度、船に乗ってイアに移動、夕日を見るという1日コースを選びました。

                小さな島にも行きたかったし、船でクルーズしながら、
                海からイアの町を眺めてみたかったのです。

                さてさて、朝、ツアーの集合場所で、バスを待っていましたが、
                時間が過ぎても、バスが来る気配はなく、私達はウロウロ。
                30分くらい過ぎて、やっと、それらしきバスが到着。

                微妙に焦りながらも、この、ゆった〜りした感じがいいな〜と思ってみたり。

                めでたく、ツアーバスに乗れた私達は、サントリーニ島のメインポート、
                アティニオス港へ向かいます。

                港に着くとすでに船が待っていました。
                さっそく皆で乗り込んで、さぁ、出発です!



                ↓ 途中、岸壁上に、真っ白いフィラの町が見えます。
                船からみるフィラも迫力があって美しい!



                しばらく、クルーズしていると、火山島「ネア・カメニ」が近づいてきました。

                ↓ スゴイ黒光り!太陽の光を吸収して、力強いエネルギーを放出してます。



                ネア・カメニ島に到着!
                「ここを歩くのか〜」と思うと、ワクワク ドキドキ!元気が出ます。



                続く・・・

                次回は 「活火山のエネルギーと野生植物のパワー」です。

                5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


                東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


                IMSI The International Medical Spa Institute


                0

                  夕日の美しさで有名な イアの町 ランチ編 

                  サントリーニ島の中心地、フィラからイアの町までは
                  公共交通機関のバスで移動できます。

                  この時期は1〜1時間半に1本というスケジュールで、片道1,4ユーロ。

                  私達の乗った14:00のバスは、なぜか子供達でいっぱい。
                  あやうく、座れないところ。早めにバス停にいっておいて良かった。。。

                  イアについたら、目印となる真っ白な教会前の広場を目指します。
                  その左右につながる道に、小さなショップやレストランが並んでいます。



                  お腹がすいたので、遅めのランチをとることにしました。

                  物価の高いイアで、良心的な値段のタベルナを見つけました。



                  ↓ 待ちに待ったギリシャ料理です!まずは、冷たい前菜を。



                  ↑ 上は 「ドルマーデス」
                  野菜の入ったお米をブドウの葉で包んである前菜。酸味があって、さっぱり。

                  下は 「メリジャノサラダ」
                  焼きナスにクルミ、にんにく、ハーブ、オリーブオイル、
                  ヨーグルトなどを合わせた前菜。

                  うーん、材料いっぱいで健康的!手が込んでいて美味しい。

                  ↓ 続いて温かいものを注文。



                  ↑ 右上 タコのグリル。オリーブオイルにレモンをかけるギリシャ風。

                  下 グリーンペッパーのチーズ詰め
                  長いピーマンにハムやチーズ、ハーブなどが詰められている。トマト味。
                  それほど、油っぽくなく、ついついパクパク食べてしまう。

                  そして、やっぱり、この景色を眺められながら、美味しい食事をとる幸せ。
                  もちろん、ビールは ギリシャの「Mythos」です。







                  ↑ お隣のテーブルには、可愛い赤ちゃんが!
                  しばらく、手遊びを楽しみました。

                  旅メモ 
                  教会前の広場を背にして、右側が夕日スポットの人気エリア。
                  左側は夕日と反対側で、お店などは少なめですが、景色は美しく、
                  海を見ながらの、お散歩も楽しいです。
                  タベルナの海側の席が空いていることも。

                  帰りの時間が遅くなる方は、タクシーを呼んだ方がよいでしょう。

                  5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


                  東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


                  IMSI The International Medical Spa Institute

                  0

                    サントリーニ島 フィラのスパ

                    カフェでゆっくり休んだあと、お散歩していると
                    フィラの中心部、美しい鐘の近くにホテルが見えてきました。

                    名前は、「Aressana Spa Hotel & Suites」
                    http://www.aressana.gr/#nointro

                    崖に面してはいませんが、バスステーションからも近く、
                    アクセスが便利。家族経営にしては、部屋数も多めで、
                    サービスが充実していることで評価を得ています。

                    フィラで数少ないスパ施設ですので、
                    ふらっと、立ち寄ってみることに。

                    レセプションのお姉さんに聞くと、スパの施設は地下にあるとのこと。

                    エントランスでギリシャ製の化粧品を眺めていると、
                    セラピストの人が出てきて、いろいろとお話をして下さいました。

                    ↓ ギリシャにしか生息しない薬草「マスティハ」を使用したプロダクツ。
                    ボディ、フェイス、ヘッドまでトータルケアの品ぞろえ。日本未上陸。
                    抗菌作用があり、スーとするけれど、優しさが感じられる薬草の香り。



                    ↓ スパセラピストのコンスタンティナさん



                    彼女はヨーロッパ的なボディワークやフェイシャルをこなしますが、
                    オリエンタルの国に興味があるようです。
                    「今度、日本のチェリー(桜)を使ったトリートメントをする予定なの!」
                    とウキウキ顔で、お話がはずみます。

                    ・・・・なるほど。それは面白い。
                    桜餅のような香りでセラピーするのかな。それも、いいなぁ。

                    実は私、桜の香りが大好きでして、自分でもやってみたくなりました。

                    日本がヨーロッパのものを愛するように、
                    ヨーロッパの人も、遠い国、オリエンタルに、興味があるのですよね。

                    それはロンドンのスパで働いていた時も、常に感じていたこと。
                    オリエンタル、とりわけ日本のもの、評価が高いのですよね。
                    イギリスに残るなら、そんなスパをしようかなと、考えていましたっけ。

                    ゲストがいない時間帯に、施設を見学させてもらいました。

                    ↓ サントリーニの伝統様式、キクラデス式のケーブハウス スタイル。



                    とにかく、この伝統様式は洞穴、洞穴。暑さが厳しいのでしょう。

                    写真が上手くとれず、、、ご興味のある方はホテルのサイトをご覧ください。
                    http://www.aressana.gr/spa-holidays-hotel-santorini.php

                    施設にはセラピールーム、トルコ式風呂(ミストサウナ)、
                    ジャグジー、サーマルベッド(温かいベッド)などがあります。

                    コンスタンティナさんは、とても優しく、スパの話だけでなく、
                    サントリーニ原産のお酒や、オペラが流れるカフェ、
                    ギリシャ料理のお店など、いろいろと教えてくれました。

                    今回はスケジュールが合わず、スパの利用できませんでしたが、
                    ギリシャの薬草を使ったオーガニック製品や、施設の様子がみられたり
                    セラピストの方とも直接交流ができ、とても嬉しい体験となりました。


                    5 月・6月も新しい講座がリリースされていますlovely


                    東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


                     

                    0

                      PROFILE

                      THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

                      BACK NUMBER

                      ARCHIVES

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      SEARCH THIS SITE

                      MOBILE

                      qrcode

                      OTHERS