サントリーニ島 フィロステファニにある絶景カフェ

昨日の続きですが、サントリーニ島名物の絶景カフェ。

中心地のフィラから約15分くらい歩いた場所にある
フィロステファニと呼ばれる街に、風車が2つ。

その近く、ミロスカフェがあります。
シーズン中は、たいそう混む様ですが、5月は人も、まばら。
一番端っこの、気持ち良さそうな席が空いていました。





↑背中のすぐ後ろ側は、崖・崖・崖。 ふわーっと、海風が入ります。



昨日紹介したフレッドカプチーノと、妹が頼んだ巨大なアイスクリーム。
なぜか?ケーキもついてきました。たくさんで、食べきれないけど。。。

↓ お散歩を続けると、もうひとつのサントリーニ名物、ロバ君が!



ここでは、大切な交通手段のひとつなのです。



おじいちゃん、タバコをくわえながら、なかなか渋い感じ。

サントリーニ島 スパ情報
ギリシャ 旅 

東京 表参道 自然療法の国際総合学院 

IMSI The International Medical Spa Institute



0

    サントリーニ島、イメロビグリ 教会近くのカフェ

    イメロビグリは、サントリーニ島の中でも、地形的に高い位置にあり、
    フィラやイアの街のような賑わいをみせることもなく、
    静かで落ちつきのある街。

    特に、ハネムーンや長期滞在する方、
    静かでゆったり過ごしたい大人のカップルにも人気があります。

    崖にそってお散歩をしていると、喉がカラカラ!頭が暑くてアチチ!

    といことで、昨日、同じホテルのゲストに教えてもらったカフェで
    ひと休みすることに。



    ↓ギリシャの国旗がなびく、教会の鐘も美しい



    ↓ ギリシャ滞在中に、何度飲んだでしょうか?とても気に入った、
    「フレッドカプチーノ」(コーヒーにフォームミルクのアイス版)
    フラペチーノのように氷ではないので、飲みやすく、ミルクの泡に癒されます。



    ↓可愛らしい サントリーニ島特有の青い屋根の教会



    ボーっとしたり、妹と昔のことを話してみたり、のんびり過ごしました。

    サントリーニ島 スパ情報
    ギリシャ 旅 

    東京 表参道 自然療法の国際総合学院 

    IMSI The International Medical Spa Institute




    0

      サントリーニ島 ホテルで出会った人々

      昨日は、サントリーニ島のホテルでは、
      ゲスト同士も自然な会話も楽しみ、のひとつ、とお話しました。

      Avaton では、同じフロアーに宿泊しているスコットランド人と
      色々とお話をしました。

      たまたま、英国のロンドンブリッジ近くにお住まいで、
      私が昔、働いていたホテル(イギリス留学時代、スパに勤務しておりました)
      にもよく行くというので、話が盛り上がりました!

      親切にも、私達のカメラで姉妹の写真をとってくれたり、


      妹は、取り方も教えてもらっていましたよ。

      ↓ プールサイドに立たされた私。ははは!
      でも、こうしてプールサイド歩くの、すごく心地よいのですね。



      その後は、彼らが教えてくれた、お散歩ルートやカフェに行きました。

      イメロビグリとフィロステファニのカフェ に続く。

      サントリーニ島 スパ情報
      ギリシャ 旅 

      東京 表参道 自然療法の国際総合学院 

      IMSI The International Medical Spa Institute




      0

        サントリーニ島 イメロビグリのホテル

        「人」が感られるプチホテル・・・

        いつか、サントリーニ島に行って見たいな、と思っている方は、
        部屋数が多くて、パック旅行にあるような大型ホテルではなく、
        部屋数が少なくて、ギリシャっぽい、アットホームなサービスが受けられる
        ホテルを選んでみると、面白いと思います。

        なぜなら、フィラのホテルでも、そうでしたが、
        ここ、サントリーニ島では、小規模ホテルならではの、
        「人」が感じられる、ホテルが多いからです。

        ちなみに、過日書きました、イメロビグリのホテル
        Avaton Resorts & Spaも、そんなホテルの一つ。

        ↓ こじんまりとした Avaton のレセプション。





        ↑ レセプションのお姉さんと、シェフのお姉さん。
        夕食の際は手作りチョコレートケーキをもプレゼントしてくれました!


        ↑ ウェイターのお兄ちゃん。
        ギリシャならではの!?ゆっくり、丁寧にサービスしてくれます。



        ↑ 3つのスーツケースを軽々と運ぶスタッフ。

        小規模の良さは、ホテルのホスピタリティはもちろんのこと、
        スタッフといろいろとお話ができたり、
        またゲスト同士でも、軽い会話が自然に出てくるところも魅力です。

        東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


        IMSI The International Medical Spa Institute

        0

          ベビーマッサージ&エクササイズ

          さてさて、昨日の続き。

          ママへのプログラムの後は、ベビーケアです。



          ベビーはママよりも、もっとケアタイムが少なくなります。
          というか、長い時間がかけられないのです。
          赤ちゃんのご機嫌は、コロコロ変わりますので!

          それでも、
          例え5分、短時間行なうだけでも、素晴らしい効果が期待できるのです。

          心身および脳の発達だけでなく、愛情と情緒の発達など、

          現在では、ベビーマッサージやエクササイズも、
          世界の専門家達の研究によって、
          科学的にも、その効果が報告されています。

          そして、そのための時間は短くても良いのです。



          ちょっとした、動き、
          ちょっとした、遊び、
          ちょっとした、タッチング、

          そんな、動きの中に、素晴らしい魔法のようなヒントが
          秘められているのです。



          昨日のベビーちゃんは、ママとのタッチ、遊びを楽しんでいました!
          その後は、スヤスヤと深い眠りに・・・その寝顔が、とっても可愛いのです。


          東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


          IMSI The International Medical Spa Institute



           

          0

            ママへのアロマセラピートリートメント

            昨日は妊娠期と自然療法について、お話しましたが、

            今日は、産後ママのお話です。

            生後半年の赤ちゃんをもつ同僚ママをのところへ行きました。

            目的は、ママへのご褒美&体調管理を兼ねたセラピーと
            ベビーちゃんのケア。

            今回に限らず、産後ママケアの場合は、
            最初にママとベビーについてのお話を伺います。

            と言いましても、ママさんと言いたい事を中心にお話頂いて、
            それをひろっていく、ヒヤリングスタイル。

            ● ママの生活スケジュール
            ● 産後〜現在までで身体で気になるところはあるか?
            ● 育児に対するストレスや心配事などは?
            ● ベビーの様子。夜泣き、生活パターン
             
            仕事に復帰する予定のママの場合は、
            それに対する心理的・物理的不安なども含めて伺います。

            今回の場合は、お話を伺っていくと、

            ● 産後半年ほとんど睡眠時間がない状態。今も睡眠不足。
            ● 身体を動かしていないので、肩、首がカチコチで痛い。
            ● 産後一番痛かったのは腰痛(激痛)
            ● 育児はママが中心で、近所にサポートしてくれる家族がいるが、
            負担は大きい。
            ● お子さんは体調を崩しやすく、心配事がつきない。

            などというお話が。

            ママの声に耳を傾けながら
            どのような感じのプログラムがいいかな?と考えながら聞くのです。

            しかしながら、ママは常に忙しいので、時間が限られます。
            リクエストなどを聞き、優先順位を決めていきます。

            今回のテーマは、「脳のリラックスと筋肉を緩める」に。

            選んだプログラムは、アロマセラピーに、
            関節を伸ばすマッスルリリース、ディープティシュー
            リフレクソロジーを取り入れ、部位は首と肩にフォーカスします。

            フルボディトリートメントですが、
            3回、首、肩へのアプローチを入れる構成。

            ・・・施術中・・・

            実際に体に触れてみると、驚くことがあります。
            それは、妊娠前に比べて首、肩、腕がカチカチということ。
            しかも片側に集中し、骨盤の周辺の筋肉にも左右差が。

            私自身もそうでしたが、ママが行なう育児って、
            本当に、力仕事なのですね。

            そして、忙しさと、子供に気持ちが集中してしまうので、
            いつの間にか、片方だけを使って、いろいろな動作をしてしまうのです。
            それによって、骨盤が歪んでしまうケースも多々。

            ママさんの身体に触れる時は、

            「あー、毎日、育児頑張っているのね。この肩、この腕、この背中!
            今日は驚くほど緩めますからね〜」

            なんて思いながら、セラピーをしています。

            本日のママは、妊娠中、アロマの香りがあまり好きになれなかったので、
            実に2年ぶりのアロマセラピーだったとか。

            全身で香りを感じ、身体がほぐされ、気持ちがよくなる感覚。

            忙しいママには大切なことですよね。

            ↓ ママケアの後はベビーちゃんと遊びました!
              


            ベビーケアは、また次の機会に。

            秋に開催されるIFPAのセラピストフォーラムでは、
            特に産後ママに必要な骨盤ケアと自然療法についてご紹介する予定です!


            http://ameblo.jp/ifpajapan/entry-10518417234.html


            0

              マタニティケア 自然療法

              今日は、「妊娠期と自然療法」 というセミナーを行ないました。

              ご参加頂いたのは、ボディワークプロコース参加中の方と
              関西からお越し頂いた、産婦人科を運営されている方。

              既に妊婦さんにアロマセラピーを取り入れているが、
              もう少し総合的にサービスができないか、とお考えになっての受講です。

              実際のセミナーでは、

              ● 妊娠中の心や身体、代謝、体型の変化とその対処法

              ● 腰痛・便秘など、「妊婦さんが困るマイナートラブル」の解消法

              ● 妊娠中に、これだけは鍛えたい!エクササイズ&ストレッチ

              ● ブレインジムでママと胎児の脳と体のつながりを高める!

              ● 妊婦さん対応のトリートメント実技

              など、盛りだくさんのお話をしながら、実践練習もしました。

              マタニティ専用のアロマやヨガなど、独立したプログラムは多くありますが、
              妊娠期間は40週と、とても長く、体調も、こくこくと変化します。

              また、妊婦さんと、それぞれの自然療法や運動療法との相性、
              好みもありますから、ひとつだけでは、カバーしきれないという実際もあります。

              そういう意味では、自然療法をいくつか、「知っている」というだけでも、
              妊娠期間、全般にわたって、多くの妊婦さんに対応できることになります。

              ということもあって、私自身は、
              いろいろな自然療法やボディワークを組み合わせて提供することを
              大切にしています。




              東京 表参道 自然療法の国際総合学院 

              IMSI The International Medical Spa Institute


               

              0

                サントリーニ島 スパホテルでのお食事

                ところで、
                前日までは外のレストランで夕食にしていましたが、
                ここに滞在した時は、のんびり、ホテルの中で過ごしました。

                ちょっと健康的なギリシャ料理?という上品な味つけで、
                なかなか美味しかったです。

                いくつかご紹介します。

                ↓少々写真が暗いのですが、
                サントリーニ産のベジタブルグリル 夜のプールサイドで。


                ↓ 鹿肉のバーガー かなり、サッパリとしたヘルシーなお味。



                ↓ 朝食は、前日までに食べたいものにチェックをして提出します。
                ちょいと、欲張りすぎました。。。
                とはいえ、ご満悦の我が妹が飲むのは、ベリーの生絞りジュース!



                ↓ちょっと洗練された?グリークサラダ。サンセットタイムに。



                ↓ 食事でないけれど、、、「雲」の写真。 ひつじ雲がテーブルにも!




                東京 表参道 自然療法の国際総合学院 


                IMSI The International Medical Spa Institute


                 

                0

                  サントリーニ島 スパ体験

                  さてさて、予約の時間がきてスパ メニューを体験することに。

                  セラピストのルイーザさんから、お部屋を案内されます。
                  セラピーの商材や備品を置く棚もケーブスタイル風!
                  セラピールーム全体でキクラデス諸島独特の雰囲気が演出されています。


                  私が選んだのは先に紹介したメニューの中のQueen Bee
                  ギリシャ産のコスメを使ったフェイシャルに、
                  ギリシャ産のはちみつ、有機ハーブを使ったボディラップ、
                  全身マッサージつきのプログラム。

                  横になり、トリートメントが始まります。
                  はちみつとハーブの香りが、お部屋に広がったと思うと、
                  脚の方からボディスクラブが始まります。



                  少々、粗めのはちみつ固まりが、皮膚には刺激的ですが、
                  そのダイナミックな動きに、いつの間にかリラックス。


                  身体じゅうが、甘い香りに包まれた後は、
                  はちみつやハーブを身体に吸収させるごとく、
                  ぐるぐると、フィルムで全身が巻かれていき、

                  その間に、フェイシャルトリートメントが施されます。

                  ルイーザさんの手は本当に繊細で柔らく、なめらか!
                  リンパドレナージュを思い出させるようなハンドテクニックでした。

                  APIVITAというギリシャ産コスメも、香りがソフト、自然な感じが、嬉しい!

                  フェイシャルの後は、身体をケーブハウス式のシャワーで洗い流します。

                  手で肌に触れてみると、驚くほど、しっとり、なめらか、いい香り〜!

                  その後は全身トリートメントが続きます。
                  足の先から頭、手までつながる、ロングストローク調のボディワークへ。

                  このロングストロークの心地よい体験。海外のスパならではの体験です!

                  身体全体が、つながるような動き。
                  トリートメントが進むにつれ、心と身体も、ひとつになるような感覚に。

                  精神も、肉体も、そこから出るエネルギーが融合される感じで、
                  究極のヒーリングボディワーク、とでもいうのでしょうか?

                  ゆったり全身を終えたら、フェイシャルマスクをとってお仕上げ。
                  日焼け止めの入ったディクリームを塗ってもらいました。


                  トリートメントは全部で80分。

                  至福の体験でした。

                  ちなみに、今回の旅の同行者の妹は、
                  有機イチジクとアロエを使ったボディトリートメントを受けました。

                  肌がつるつる、すべすべになって興奮しておりました!

                  姉妹そろって、すっかり癒された後は、
                  ワイルドフラワーのハーブティで、リラックスした時間を過ごしました。



                  ↑ スパセラピストの ルイーザさんと。
                  アフリカやパリなど、いろいろな場所に行かれた経験があり、
                  楽しいお話が盛り上がりました!

                  東京 表参道 自然療法の国際総合学院
                   


                  IMSI The International Medical Spa Institute


                   

                  0

                    サントリーニ島 スパ 建築様式

                    サントリーニ島は、崖が多いと、先のブログでも紹介しましたが、
                    街も、その、崖にそって存在するので、
                    ホテルもカフェも、ある独特な伝統建築様式があるのです。

                    その様式とは、ケーブハウススタイルとも呼ばれ、
                    崖が多い地形を利用した洞穴のような造りで、この地方独特の建築様式。

                    夏の厳しい暑さをしのいだり、
                    冬の寒いときには、熱効率を高めるのにも適しているとのこと。

                    私が利用したAvaton Spa Resortを例に、
                    写真でイメージををご紹介しますね。

                    スパ施設

                    ?海やカルデラに面したプールとサンデッキ、
                    日光浴好きなヨーロピアンに、屋外プールは基本ですね!



                    ? ケーブハウススタイルのジャグジー。天井にはカラーライトがあり、
                    赤、ブルー、グリーンとゆっくりと変化して、幻想的な雰囲気!



                    暗い?と思ったけれど、実際に入ってみると落ち着くのですね。

                    ? 奥にある青くみえる扉は、ギリシャと歴史的に関係が深い国、
                    トルコから伝わる、ハマム(ミスとサウナ)です。



                    ? セラピールームもケーブハウス風です。



                    写真の、奥、真っ黒なところが、ケーブハウス風シャワールーム。
                    バスタブとシャワーがついています。

                    0

                      PROFILE

                      THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

                      BACK NUMBER

                      ARCHIVES

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      SEARCH THIS SITE

                      MOBILE

                      qrcode

                      OTHERS