ボディプラス Body+ に 「足裏ケア」が紹介されています

過日、取材の様子をブログでお伝えしましたが

昨日の発売の月刊誌、ボディプラス(Body+) に 

働く女性のカラダの救世主、不調改善「足裏ケア」の極意

というコーナーに、ニューロフットリフレクソロジーと
リフレクソロジーが掲載されました。

冷えやすい夏の足をケアして、
カラダのトラブルを改善するプログラムがのっています。




確かに、夏の足は冷えやすい。
サンダル履きに冷房、という組み合わせがよくないですよね。

代謝も滞るということで、今月号のタイトルは、

「若い!きれいになった!スゴ痩せ」

雑誌のなかを読むと、いろいろなダイエット、
エクササイズ法が、たっぷりのっています。

読むと、私も何か、しなくては、と思ってしまいますね(笑)。


ベビーマッサージやエクササイズを楽しもう!

自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
● フェイシャルリフレクソロジー
● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ





0

    ベビーケア アドバイザー養成コース

    今日はベビーケアの講座でした。



    赤ちゃんは成長と共に、首がすわり、寝返りをし、おすわり、ハイハイをし、
    つかまり立ち、よちよち歩き、独り歩きというように、少しずつ、身体を動かす方法を上達させながら、発達していくのですが、

    どのママでも、なんとなく見ている赤ちゃん特有の動き、この何気ない動きが、
    脳の発達のキーポイントになっていることはご存知でしょうか?

    それは、赤ちゃんをよーく観察していれば、面白いように分かります。

    赤ちゃん特有の動きを観察するポイントと、その成長段階に合わせて、
    運動能力や認知などの脳の発達サポートする方法を、

    ベビーマッサージとベビーエクササイズを介して紹介しています。

    ベビーマッサージといっても、
    なぜ、背中はこうさするのか?

    なぜ、このように動かすのか?

    という意味を知りながら行うのと、単に行うのでは、効果に差が出てくるからです。

    今日のコースには産婦人科で妊婦さんへの施術やベビーマッサージをしている方と、育児の経験は無いけれど、子供が大好きで、専門的に勉強してみたいという方が参加されました。

    午前中は、胎児の時の運動能力や五感の発達が、誕生後にどのように変化していくかを解説しながら、ベビーマッサージを練習。

    ↓ 実際はお人形で行ないます。



    赤ちゃんは動きも個性豊かで、ご機嫌もいろいろ。

    顔を触られるのが嫌なタイプ、胸を触れたら緊張するタイプと、いろいろ
    いるわけで、教科書どおりに行かない時はどのようにしたら良いか?
    などを状況別に細かくお伝えいたしました。

    午後はベビーエクササイズを行ないました。
    そのお話はまた、後日ご紹介しますね。




    ベビーケアのコースが新しく始まりました。

    自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
    ● フェイシャルリフレクソロジー
    ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
    ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
    ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



    0

      リゾナーレで森林浴

      さて、子連れ旅行の続きですが、

      翌朝は、森の中を家族でお散歩。
      パパに連れられて、森の小道に入っていきます。


       
      途中にキノコを見つけて、じっくり観察。
      「食べれないキノコ」の話もする機会になりました。



      森の中でかくれんぼをすることに。



      パパはどこかな?



      こっちかな?



      葉っぱの香りや、土の感触。木々の間に差し込む光が気持ちいい。
      元気いっぱいになりました!

      チェックアウトまでは、ホテル内のブックスカフェでひと休みをすることに。



      サービスで頂いた、レモングラスとローズマリー、ペパーミントのハーブティがとても美味しかったです。

      帰りは、また特急「あずさ」にのって東京へ。大学で仕事のあるパパさんとは新宿でお別れし、帰宅しました。

      綺麗な緑を見ながら、新鮮な空気を吸って、リフレッシュの1泊旅行でした。

      ベビーケアのコースが新しく始まりました。

      自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
      ● フェイシャルリフレクソロジー
      ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
      ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
      ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



      0

        小淵沢 リゾナーレ 子連れ旅行

        3連休ですね。

        仕事に行く途中の電車の中で、親子一緒にお出かけかな?
        という家族連れを、たくさん見かけました。

        さて、我が家では、連休とは時期をずらして、
        久々に家族旅行に出かけてきました。 

        行先は小淵沢。そして、滞在先のホテル「リゾナーレ」
        http://www.risonare.com/

        中央線の特急「あずさ」に乗って、松本方面にすすむと、
        それは、それは美しい、大自然とアルプスの山々が眺められるのですが、
        東京からは、少しばかり時間がかかります。

        小淵沢は、美しい山々が見られる入口地点とでもいいましょうか?
        それほど時間をかけなくても、大自然を眺められる良いポジション。

        そこに、ホテル「リゾナーレ」があります。

        宿泊施設の他、露天風呂、森の小道、プール、チャペル、音楽ホール
        ブックス&カフェなど、様々な施設が利用できます。



        初めての滞在は、妊娠中で、臨月の時でした。
        その時の心地良さと、スタッフのホスピタリティが気に入り、以来、リピーターになっています。赤ちゃん連れの時も、いろいろなサービスが快適でしたし、子供向けの体験プログラムも大変充実していますよ。

        今回の旅のテーマは、

        ● プールで遊ぶこと。
        ● 森林浴をすること。
        ● 子連れでも気兼ねなく、フルコースを頂くこと。
        ● メゾネットのゆったりスペースで気分転換すること。

        どれも宿泊しているからこそ、急いで帰る必要がなく、親としても心の余裕というか、リラックスできるわけでして、なかなか貴重な体験をしてきました!




        ベランダから緑が見えるメゾネットルームに入ると、息子がお昼寝タイムに。その間を利用して、夫にフェイシャルリフレクソロジーしてみました。

        その後、息子の目が覚めると、昼寝に入った夫を残して、母子でプールに移動。
        プールは波がでたり、滝があったり、ボールがあったりで、赤ちゃんから子供、そしてジャグジーなどもあるので大人でも十分に楽しめます。

        写真はないのですが、、、
        息子は、カラーボールを投げるのが楽しかったようです。
        利き手だけでなく、両手を使って遊ぶことで、脳の右脳と左脳を刺激します。
        ブレインジム風エクササイズ子供だけでなく、ママの脳内リフレッシュも!

        思いっきり運動した後は、レストランへ。
        豪勢な食材というよりは、地元の野菜や、お肉、果物ふんだんに使ったイタリアンは子連れには嬉しい、素材重視の優しいお味です。





        最後には、銀の宝石箱に入ったスイーツが運ばれてきました。
        チョコレートやタルト、チーズケーキなど。食べきれない場合はお部屋に持って帰れます。



        長時間でちょっと飽きていた息子も、この宝石箱のおかげで?姿勢がピンとなりました!



        夕食の後は、露天風呂につかったりと、ゆったりと過ごしました。
        ただ、サッカーのW杯をしていた頃でしたので、
        夫婦でかなり夜更かししてしまったのですけれどね(笑)

        翌日は、森林浴で深呼吸。
        そのお話は、次回ご紹介しますね。


        ベビーケアのコースが新しく始まりました。

        自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
        ● フェイシャルリフレクソロジー
        ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
        ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
        ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



         

        0

          息子とヘアサロンへ

          今週のOFFは週の真ん中に。
          ちょっと仕事が片付かないので、こっそり保育園にあづけようかな?
          なんて思ってみたけれど、朝ご飯、息子とゆったりお話していたら、

          「大切な機会を逃すなんて〜」と、神の声が?!
          いつの間にか、息子と2人で「今日のお楽しみ計画」の話をしていました。

          ふと、思いついたメインイベントは、「髪の毛を切ること」

          息子が大好きなバスと電車を使って、渋谷のヘアサロンに行きました。
          駅から徒歩数分の所にあるマンションの一室、「manet」 さんへ。

          http://www.earthdaymoney.org/use_dt.php?id=83

          イギリス留学時代に出会った美容師さんとは、もう10年くらいのお付き合い。

          ロンドンにいる日本人の間では「決してイギリス人に髪を切らせるな!」
          という有名な話も知っておきながら・・・

          オオカミみたいな髪型になってしまった私を、一回で、何とか希望が持てるまでに変身させてくれたのが彼女なのです。その後、髪の毛のお付き合いだけでなく、友人としても貴重な存在に。

          私のカット中、息子はサービスのジュースを飲んだり、
          くるくる回る椅子にのって遊んだり、
          最近、出来るようになった「ケンケン」を何度も披露!

          美容師さん一人で運営するサロンで、予約時間には、
          他のお客様がいないから安心。子連れには、とても助かります。

          私の後、息子もヘアカットを!くるくる椅子に座れてご機嫌です。



          白いクリップで髪をとめられ、「チョキン、チョキン」
          微妙に自分の姿が気になるのか、視線が真剣に?!。



          バリカンの音にも大喜び。


           
          10分もかからずに、手際良くパッパとカットしていただき、
          髪が軽く、短くなって可愛くなりました!

          子供には、この部屋の色使いや、おいてあるもの、ほとんどが
          非日常的なものなので、興味深々のようです。


          ベビーケアのコースが新しく始まりました。

          自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
          ● フェイシャルリフレクソロジー
          ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
          ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
          ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ
          0

            ワールドカップ決勝 スペイン 対 オランダ戦

            W杯決勝戦 見られましたか?

            勝者のスペインだけでなく、オランダのプレーも
            上手い、強い、早い、きわどい、スゴイ、というような
            形容詞を常に感じさせられたゲームでした。

            さて、私は学生時代の競泳をしていたこと、
            大学時代にスポーツ科学を専攻したこともあって
            スポーツ観戦は大好きです。

            オリンピックや大きな国際大会となると、種目に限らず
            TVにかじりついては、熱くなってしまうことがあり、
            家族、特に夫は、時々その犠牲になっています(笑)。。。

            といっても、私のスポーツの見方は、ちょっと変わっています。
            勝者に興味を持つのです。
            「なぜ、この人(チームが)が強いのか?」ということに。

            スポーツは勝ち負けよりも、その努力・過程に美しさがあるという人もいます。
            それは事実です。しかし、結果(勝ち負け)が存在するからこそ、

            人は目標に向かって努力し、成長しようとするし、多少の挫折があっても、
            その結果が出た時には、信じられないぐらいの「感動」を味わうものですから。

            私が勝者に興味を持つのは、勝つということが、難しいことだからです。

            競技スポーツの世界では、それが速さを競うものとしても、
            得点や演技力を競うものだとしても、

            選手の体力や才能に加え、努力、精神力、時には運みたいなことまで
            さまざまな要素が関連してきます。
            そして、私がここ数年興味を持ち続けている「脳」も、そのひとつ。

            ところで、昨日の決勝をみていて、面白かったのは、
            スペインの監督が、映像に映る度にしていた動き。

            もちろん選手へのメッセージなのですが、
            両手を自分の頭に向けて、指をさしたり、人差し指を目にむけている姿。
            とてもオーバーな表現で何度もしているのです。

            後半、延長戦に入って、両チームとも疲労がでてくると、もはや肉体で
            切り崩すことは難しくなっていく。そんな中で、

            「もっと、目をつかって、見ろ!」
            「もっと、頭を使って!(読め)」

            という指示は、単なる肉体論でもなく、精神論でもなく、
            パスコースを作る、パスをつなげる、タイミングをつかむという、
            「脳をフルに使え!」というメッセージでもあります。

            もちろん、スペインの選手は、鍛えられている一流選手ばかりなので
            あの苦しいシーンにおいて、「脳」を自動的に使えていたと思いますが、

            一般の人でも、目を上手く使って視野を広げ、身体の動きに結びつけたり、
            先を読む力、空間に対する把握・認知力を高めることはできます。

            ブレインジムのメニューにあるような

             目の前で横向きに8の字を書く。
            ● クロスクロールをする。
            ● 耳の裏のポイントに触れる。

            など、脳と神経・エネルギーをつなぐエクササイズ。

            スポーツをされるお子さんや大人の方で、
            もっと「脳」を活用したい方は試してみると面白いかもしれません。


            自然療法の国際資格、
            スペインIR認定ディプロマコース
            ● フェイシャルリフレクソロジー
            ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
            ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
            ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ









            0

              ボディプラス Body+ の原稿チェック

              今日は、先週のブログでお話した
              雑誌の取材の話
              続編です。

              topia

              今日は、ボディ+の原稿チェックをしています。

              「足のケアをすることで、
              女性特有の不調をのりきり、
              骨格など、ボディラインも整えてしまおう!」

              というようなテーマのページ。

              セラピストが使うような特別な技術も

              かみ砕いて、かみ砕いて、

              その良さがが、一般の皆様に、少しでも伝わるといいな?
              と思っています。

              セルフケアでも、ちゃんと意識して行えば、効果が感じられるのですよ!

              今日は事務仕事の間に、ニューロフットリフレクソロジーを取り入れた
              「足のアーチケア」しようかな?

              自然療法の国際資格、
              スペインIR認定ディプロマコース
              ● フェイシャルリフレクソロジー
              ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
              ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
              ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ
              0

                ワールドカップ 準決勝 ドイツ 対 スペイン

                見ました!

                スペインのパスサッカー。素晴らしいですね。

                ドイツは、本当に調子が良い感じでしたし、
                若い選手もいるので、どうかな?と見ていましたが、
                ペースを作るのが難しかったみたい。

                決勝戦も楽しみになってきました。

                昨夜は、この試合を少しでも見るために、
                自分も早く寝ておこうと!?ちょっと、育児の作戦を。

                夕食後は、息子と一緒に、
                バランスボールでみっちり30分遊んだ後、
                お風呂で、宝探しゲーム。

                そして、お布団に入って、オイルでマッサージをしていたら
                「うん。気持ちいいよ〜」と言いながら、すやすやと寝てしまいました。

                赤ちゃんの時にベビーマッサージをしていましたが、
                その時のことも記憶しているみたいです。

                順番とか、どういう風にするか、覚えているみたいなのですよ。

                動き回る時期を過ぎてから、再開していますが、
                初めて再開した時は、マッサージの手順を知っているかのように、
                脚をにょきっと出したり、タイミングよく自分で手を広げてみたりしたので、
                とても驚きました。

                言葉は話さなくても、皮膚などの感覚器を通じて、
                脳にはしっかり刺激が伝わっているのですね!

                やっぱりゼロ歳児のときの、赤ちゃんとの過ごし方は大切、と感じます。



                ↑ 上記はベビーマッサージではないけれど、脳を刺激するエクササイズのひとつ。

                ベビーケアのコースが新しく始まりました。

                自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
                ● フェイシャルリフレクソロジー
                ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
                ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
                ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



                0

                  アテネ シンタグマ広場近くのタベルナ

                  さてさて、昨日のギリシャ料理の続き。
                  今日で、ギリシャの旅ブログも終わりです。

                  旅の最終日は、ギリシャ情勢不安のニュースも報道されていたので、
                  ホテルのオーナーさんに教えてもらった、すぐ近くのタベルナに行くことに。

                  まずは、ギリシャビールと共に、初日から、食べそびれていた
                  スタッフとベジタブルを注文。

                  巨大トマトとピーマンの中にお米を詰め、オーブンで焼いてあります。
                  お米は酸味があって、油と塩分は控えめでサラダ調。美味しい!



                  続いて「ギロ」を注文。ギロは隣国トルコの影響が大きい料理のひとつ。

                  お肉の塊を炭火であぶり、薄くそいだものがピタパンの上にのっています。
                  ヨーグルトとトマトソースが、不思議とお肉にあうのですね。

                   

                  アテネには西欧料理など、かしこまったレストランもありますが、
                  私達には、伝統的かつ庶民的料理を出す、タベルナで大満足、大正解。

                  というのも、ギリシャ料理全般が、口にとっても合うものですから!

                  あまりにボリュームが多く、お腹がいっぱいになったので、グリークコーヒーを注文してしめることにしました。粉っぽく、とても美味しいとは言いにくいのですが、旅の終わりには良いかと。


                  今日が最後ね。なんて姉妹で話していたら、ギリシャ人の美人スタッフが
                  一緒に写真をとりたいと言ってきたので、お店の主人に撮ってもらいました。

                  1週間の旅で、すっかり、表情が楽しく、ゆるんでいますね(笑)



                  大自然と真っ青な海に囲まれたサントリーニ島での体験、

                  古代ギリシャの遺跡巡り、

                  滞在先のホテルや、飛行機の中で出会った人との会話、

                  そして、地中海の恵みたっぷりのギリシャ料理と、

                  その、すべてが私の脳に、くっきりと刻まれています。

                  今回の旅は、美しく、楽しい時間の経過というだけでなく、

                  家族のこと、仕事のこと、教育のこと、世界の中の日本など、
                  いろいろなことを感じ、考える旅にもなりました。

                  旅に対し、快く、そして心強く背中を押してくれた家族や職場に深く感謝すると共に、旅で感じたこと、イメージしたことを、是非、大切に育てていきたいなとも感じています。


                  自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
                  ● フェイシャルリフレクソロジー
                  ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
                  ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
                  ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



                  0

                    アテネ パルテノン神殿近くのレストラン 

                    サントリーニ島でのスパの様子、
                    ギリシャの旅のブログも、ちょこちょこと長く続けてきましたが
                    ついに あと少しで終わりになります。

                    旅の楽しみは、その国の空気を味わうこと。体験すること。

                    異国を感じさせるものは、いろいろありますが、
                    やっぱり「食」は欠かせませんね。

                    ということで、
                    エンディングは2回にわけて、ギリシャ料理をご紹介していきましょう。

                    アテネのパルテノン神殿近くの高台には、美味しくて庶民的なタベルナが集まり、夜になると地元の人でいっぱいになる場所があります。

                    そのひとつが、パリオ・テトラディオ「Palio Tetradio」

                    ランチも終わりの時間でしたので、空いていてすぐに入れました。
                    さっそく、ギリシャの定番料理をオーダーすることに。

                    ↓オープンテラスを選びましたが、冬季は暖炉に火が焚かれるようです。



                    ↓ ギリシャ定番? グリークサラダ 
                    トマトとオリーブ、フェタチーズ、ハーブの組み合わせが基本です。




                    温かい前菜は、ズッキーニのクロケットを選びました。

                    「おっ!これは美味しそう!」 おもわず携帯のカメラにおさめます。



                    実際に食べてみると、想像以上の美味しさ! 外側は、こんがり香ばしく、
                    中はズッキーニとチーズがとろけるように、絡みあっています。



                    続いて、ギリシャ定番? ムサカ。
                    ラム肉と野菜、ジャガイモを重ねて、グラタン風に焼きあげています。 



                    「ムサカ」・・・これは家庭では作れないのですよ。。。
                    なんてたって、ラム肉の臭みを消すのが大変ですから。。。 


                    イギリス留学時代によく食べましたが、やっぱり現地のは格別です!

                    ハーブが香るラムに、薄く重ねた茄子、ふんわりポテトの絶妙な組み合わせ。
                    庶民的料理だからこそ、このハーブの使い方の上手さに驚いてしまいます。

                    暑さをしのぐように、妹とおしゃべりを楽しみながら、ゆっくりお食事。
                    たっぷりと食べ、すっかりお腹いっぱいに。 
                    私達は、よろよろと立ちあがり、お店を後にしました。

                    ↓ 近くに保育園らしきものを発見。
                    なぜか、パパのお迎えが多いのです。





                    まだかな?まだかな?と思いながら、パパやママを待っているのかな〜。

                    続く・・・

                    次回は 大きなトマトやピーマンに包まれた前菜などを紹介します。

                    自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
                    ● フェイシャルリフレクソロジー
                    ● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
                    ● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
                    ● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ

                    0

                      PROFILE

                      THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

                      BACK NUMBER

                      ARCHIVES

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      SEARCH THIS SITE

                      MOBILE

                      qrcode

                      OTHERS