娘をみてもらった、あのときのセッションで「腹をくくりました」

ブレインジムや原始反射統合の考え方を通して、

 

「脳力開花」についてお伝えする活動をしていて

 

うれしいことは、たくさんあるのですが、

 

なんといっても、関わった人が、自分でうなづいて、納得いく顔をすること、

 

キラキラとした輝いた目で何かを悟った顔をみたときです。

 

でも、たった1回のセッションで、

 

子どもたちが急変したりすることはないので、

 

セッションと同じ日に私たちが、そういう笑顔を見ない時の方が多いかもしれません。

 

そんな中、8月には、感動したことがありました。

 

もう7年くらい前に、一度だけ、親子セッションをしたお子様のお母さまが、

 

今年ブレインジムとOBOの公式コースを受講して下さっているんです。

 

7年ぶりの再会で、今は保育園の先生としてご活躍中。

 

セッションをしたときは、お子様が中学生で、学校になじめない、

行くのがつらい状況をお母さまが案じて、いらした、という経緯でした。

 

そのときのお子様は今年、2019年で20歳。

好きで得意なこと、音楽、ピアノの道に進み、

学校に通いながら、今年は海外の研修にもいかれるそうです。

 

再会した、お母さまから、そのことを教えてもらったのです。

 

 

「あのセッションで先生にみてもらって、アドバイスもらって、私は腹をくくったんです。

 

この子のペースで、(ほんとうの意味で)好きなようにさせようと」

 

そして、今、娘は、自分の道をみつけて、邁進しています」

 

と。お聴きして、本当にうれしくなりました。

ちょっとした機会も、
このまま大人の不安を解消する対応に向かうか、
分析した結果、そのまま、不安解消から、
即座に、脳力開花の路線に切り替えることもできるんですよね。
もちろん、リラックスや覚醒する能力など、心身のシステムが整っていない時は、日常生活が送りにくいかもしれないので、
このままというよりも、先に心身ケアをする方法を、試したほうがよいこともあります。
お母さまが、お子様を信じて
もし迷って苦しんでいるときは、個性にあうように他視点も示してあげる。
そんなサポートの日々を創造し、ますます、この「お母さま」のことを尊敬します。
また、親子の様子を教えてほしいな、そんな風に思う体験でした。

 

・自然療法の国際総合学院IMSI 

 

・IMSI スクールフェイスブック

 

・著書 『なんとなく不安・・・がなくなる本』

 

英国IFPA認定アロマセラピー・プリンシパルテューター

健康運動指導士

嵯峨慈子

 

 

 

 

 

 

0

    PROFILE

    THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

    BACK NUMBER

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS