こどもの習い事では〇〇を減らして、自発性を高める

こどもの習い事では〇〇を減らして、自発性を高める

 

○○の中にはどんな言葉がはいるでしょうか?

 

答えはいくらでも、はいりそうな文ですが、

まず、おさえたいのが、「緊張」です。

 

長く中国武術を習う子どもたち(保育園、幼稚園〜小学生)の練習でのサポートをしています。

 

カラダを自由にのびのび動かして、発達をサポートしたり、

動きの器用性を増していく支援が目的です。

 

専門的な言葉でいくと幼いころの身体の発達である

原始反射の発達統合レベルを観察しながら、必要なエクササイズを考えています。

 

長く一緒にコラボしているコーチからメッセージが届きました

 

『子供たちは、土曜日に大会無事に終わりました。

ばたばたとしましたが、それぞれ頑張って、無事に終わりました。

 

そこで驚いたのが、出番直前、待機場所で私がみんなに、

「落ち着く事をして、深呼吸しよう!」

といったら、あの一年生の○○くんが、おへそと唇に手をあてて深呼吸していたんです!

 

え⁉️アースボタン⁉️

 

私はほとんどやってないのですが、嵯峨先生が何かアドバイスしてくださったのでしょうか?驚きです。

 

 

※運動会、○○くんは一番だったと喜んでおりました。

直前アドバイス、効いたんですね。

本当にいつもながら、どうもありがとうございます!!』

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子ども達は、意味があるから?というより、

 

自分が気持ちよく身体を動かせたことにより、

 

また、続きがやりたくなっちゃう。

 

そういう身体感覚と経験をつんでいくことが大事なのですね。

 

積極的に習い事に参加するのも、自分の身体を通して「いい感じがする」

 

という経験が大切です。

大人はそれをサポートすることができます。

 

・自然療法の国際総合学院IMSI 

 

・IMSI スクールフェイスブック

 

・著書 『なんとなく不安・・・がなくなる本』

 

英国IFPA認定アロマセラピー・プリンシパルテューター

健康運動指導士

嵯峨慈子

0

    PROFILE

    THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

    BACK NUMBER

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS