ロンドン時代、職場と同僚、昔のお仲間とも

今日は、ロンドン出張のおまけのお話。自身のSNS投稿から。

事実なので、特に隠すことはないのですが、久しぶりの英国でテンションが高めです(笑)

 

 

【ロンドン その他 .僖屬伐甬遒凌場】

 

カンファレンスをおえて、やっとエールを。

 

最初に英国でアロマセラピストとして働いた場所は、マリルボーン駅前のランドマークホテル。ディプロマ頂いた2日後から働き始めました。美味しい従業員職食堂は貧乏学生にはありがたい、お客様にも同僚にも恵まれた5星ホテル。なんとも素敵な写真までとって頂きました。

 

 

【ロンドン その他 ◆_燭なんでも絶対受けたい施術】

 

「自分でブレンドできる」場所で働きたいと「東洋医学クリニック」でも仕事をしました。同僚だった真美ちゃん。当時から予約は常に完全フルブッキング、効果を感じるのでクライアントは継続する。彼女は腕がいいのもあるが、まるで、統合医療や補完療法、ホリスティックのために生れてきたんじゃないかというくらい特別。今はBond street駅の近くでウエルネスセンター「CHIYU」のオーナー兼セラピストに。英国滞在の最終日、彼女のセラピーを受けられたのは、本当に幸せ!鍼灸から始まり、アロマ、経絡トリートメント、クラニオ、フェイシャルと統合セッションに感動。疲れていたのか、脈診でも舌診断でも腎と脾が崩れている様子。

 

 

【ロンドン その他 最後の晩餐はギリシャ料理】

 

CHIYUのセラピストのakikoさんと晩餐。過去20年にわたるアロマ、セラピー、英国の話がもりだくさん。国際アロマ関係の日本とのつなぎ役の仕事も長くしていたこともあり、それが、どんなに大変だか、安易に想像できる私は本当に尊敬。そして、趣味も大切にライブに生きるいつまでも若々しい生き方は、聞いていて感動、そしてスッキリ!

 

実は、鍼をしたのに、そのことを忘れてしまって、ビールのんで大変なことに。ものすごく酔いが回り、夜中は仕事しようと思ったら、まったくもって、ベッドとお友達に。動けなくなりました。(汗)

 

 

【ロンドン その他  帰国フライトの前に立ち寄り、その1】

 

ケンジントン宮殿とガーデンへ。

時期柄、ダイアナ妃の展示会がありました。

 

 

私は通常公開されている1700年く」らいの方が興味あったんですが、こちらも丁寧な作りで興味深々。ダイアナさんの活動とドレスとの関係。門の前にたくさんの献花とメッセージが。

 

 

これから飛行機に乗るので緑に中の公園を歩いて、気持ちよく深呼吸しました。

 

 

【ロンドン その他 帰国フライト前に立ち寄り、その2】

 

ビクトリア&アルバート博物館。こちらの英国コーナーをちょこっとみて。カフェでは、ちょっとゴージャスな内装に生ピアノ演奏、癒されます。

 

 

 

こちらの美術館はとても広いので、もっと時間のあるときに、来たい場所です。そして、好みの場所なんです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

英国でアロマを学び、英国でアロマセラピストとして働いた日々は、大変だったことも多かったけれど、友達や同僚にも恵まれ、やっぱり人生の宝になっています。

 

以前暮らしていたときは20代、セロリやキュウリをかじりながら、節約、節約!

 

ポンドが高かったので、貯金の底がつきそうでした(*^_^*)

 

その後、資格をとって、働いては、また、学校へいって、いろいろ勉強し、また仕事をする、という勉強と仕事ばかりの日々を送っていました。

 

異国の地で学んだり、仕事を探したり、偶然雇っていただいても、上手くいかないことも多く、それで、凹んだり、また、立ち直ったり、心身ともに忙しい日々でした。

 

そんな場所には思い出もいっぱい。

 

そして、今回の出張でわかったのは、やっぱり英国に補完療法はさまざまな事例が多く、

もっと、いろいろと知りたいなということ、学びたいな、ということ。

 

 

これからも、時折訪ねたいと思いました♡

年齢を重ねていますが、マイペースで学びも進めていきたいと思います。

 

長く、今回の長い投稿も、お読みいただき、ありがとうございました。

 

*******************************************************************************

〇英国IFPA AROMA カンファレンスへ

 

〇IFPAカンファレンス 医療、教育、災害支援、精油の安全性など

 

〇活躍される卒業生とパリ訪問、薬局では精油の入った製品がありました

 

芳香の知識が学べる、仏・香水博物館「グラン・ミュゼ・ドゥ・パルファン」

 

 

0

    PROFILE

    THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

    BACK NUMBER

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS